株式会社テクノブレイン TOPページへ株式会社テクノブレイン   



3DCADによる設計
3DCAD(3次元設計支援ソフト)を使って製品設計を行うと、データ上で形状を確認しながらレイアウトや干渉チェック、構造、強度等のシミュレーションが可能となり、設計変更やデザイン変更への対応も容易となります。また完成した3DCADデータは、方向を指定することにより自動的に2次元平面に投影され、一部修正・追加作業を行った後、製作図面としても利用できます。しかも、この図面データは3DCADデータと情報を共有しており、3Dモデルの形状を変更すると自動的に図面データの形状や寸法も変更されるという便利な機能があります。
3DCADデータの利用
3DCADで一度データを作成すると、そのデータを下記のような様々な用途に利用できるので、 いわゆる一気通貫型のモノづくりが可能となり、QCD(品質、コスト、納期)の大幅改善に繋がります。
@ 3DCAE(3次元解析支援ソフト)で構造や機構の解析を行えば、その結果を利用して設計デザインの変更ができ、如いては製品試験や試作の回数を減らすことになります。
A 試作や金型を外注する時も3DCADデータがあれば、概略寸法と公差情報を記載した簡易図面を一緒に渡すだけで済むようになります。
B 3DCAM(3次元製造支援ソフト)に3DCADデータを渡せば、ワークの仕上げ形状として使えるので、NC工作機械の切削条件とカッターパスを追加するだけで、スピーディに、かつ正確に切削加工ができるようになります。
C 3DCADデータを使って3Dモーション画像を作成すれば、3次元のマニュアルやパーツカタログを作ることができます。また3DCGにデータ変換し、背景や質感、陰影等を加えて、よりリアルな3D画像や3Dアニメーションを作成すれば、Web広告や製品カタログ、営業プレゼンテーション等にも利用できます。

株式会社テクノブレイン TOPページへ株式会社テクノブレイン
〒192-0071   東京都八王子市八日町8-1  ビュータワー八王子3F
TEL:042-655-1501/ FAX: 042-655-1505 
© 1997-2016 TECHNOBRAIN Co.,Ltd.