株式会社テクノブレイン TOPページへ株式会社テクノブレイン
  トップページ>ヘルスケア機器開発

国内初の画期的運動ツール誕生!(実用新案登録2020-5282号)
ゴム吊り下げ式運動機能訓練機器「スペースワンダー」

 杖や手すりの補助がないと歩行が困難な方でも、ゴムロープに吊られた状態で運動を行いますので、足腰に掛かる負荷が減り、水中で運動するのと同様な全身運動が可能です。その結果、普段十分使えていない関節や筋肉が鍛えられ、衰えた運動機能や姿勢が改善されます。

★介護予防やリハビリに効果抜群!
寝たきりにならないために最も重要なことは歩行能力の維持です。スペースワンダーは老化で弱った筋肉や関節可動域の減少を復元させ、バランスの良い歩行を取り戻すために開発されました。既に2020年12月より、弊社が運営する機能訓練型デイサービスの“ヒーリングベル”で運用が開始され、実際に体験された約200名のご利用者から 「今までには考えられなかったような運動もできた」 「体が軽くなり杖なしでも自由に動けた」 「まるで宇宙にいるような感覚で楽しく運動ができた」 「膝の痛みが出なかった」 等の感想を頂いております。



スペースワンダー 紹介動画

 理学療法士として長い間リハビリ医療の現場に携わり、現在はピラティスやヨガの指導もされている中村尚人先生に監修をお願いし、下記のようなコメントを頂きました。

「運動のモチベーションの一つに好奇心があります。また若さの秘訣も好奇心ですね。
スペースワンダーでは、普段では味わえないような浮遊感を伴った、まるでアミューズ
メントパークにいるような不思議な感覚で多種多様な運動を行うことができます。もちろん運動の内容には医学的な視点でピックアップされた的確なトレーニング要素を盛り込んでおります。また、運動が苦手な方でも安全に、そして効果的に運動ができるように
スペースワンダーには適切なサポート機能があります。
“やればいい” のは頭ではわかっていても、なかなか実行に移せないのが運動です。
スペースワンダーで「好奇心」と一緒に、楽しみながら健康を手に入れましょう!」

「このスペースワンダーは、シニアの方々の歩行改善を目的に作られました。歩行には、“筋力” “バランス能力” “協調性”が必要です。
 これらの3つの要素に対して、それぞれに焦点を絞ったエクササイズを行うことができ、ご利用者の能力を高めてくれることが期待されます。特にバランスに関しては、適度のサポートによって不安定な中で実践的なエクササイズが可能です。座って行う
エクササイズに比べ、立って行うことができるので、より実践的な能力が身に付きます。
介護予防の次のトレンドになるのではないでしょうか。これからの発展が楽しみです。」
理学療法士、ヨガ・ピラティスインストラクター 株式会社P3代表取締役 中村尚人