株式会社テクノブレイン TOPページへ株式会社テクノブレイン



3DCADによる設計
3DCAD(3次元設計支援ソフト)を使って製品設計を行うと、データ上で形状を確認しながらレイアウトや干渉チェック、構造、強度等のシミュレーションが可能となり、設計変更やデザイン変更への対応も容易となります。また完成した3DCADデータは、方向を指定することにより自動的に2次元平面に投影され、一部修正・追加作業を行った後、製作図面としても利用できます。しかも、この図面データは3DCADデータと情報を共有しており、3Dモデルの形状を変更すると自動的に図面データの形状や寸法も変更されるという便利な機能があります。
3DCADデータの利用
3DCADで一度データを作成すると、そのデータを下記のような様々な用途に利用できるので、 いわゆる一気通貫型のモノづくりが可能となり、QCD(品質、コスト、納期)の大幅改善に繋がります。
① 3DCAE(3次元解析支援ソフト)で構造や機構の解析を行えば、その結果を利用して設計デザインの変更ができ、如いては製品試験や試作の回数を減らすことになります。
② 試作や金型を外注する時も3DCADデータがあれば、概略寸法と公差情報を記載した簡易図面を一緒に渡すだけで済むようになります。
③ 3DCAM(3次元製造支援ソフト)に3DCADデータを渡せば、ワークの仕上げ形状として使えるので、NC工作機械の切削条件とカッターパスを追加するだけで、スピーディに、かつ正確に切削加工ができるようになります。
④ 3DCADデータを使って3Dモーション画像を作成すれば、3次元のマニュアルやパーツカタログを作ることができます。また3DCGにデータ変換し、背景や質感、陰影等を加えて、よりリアルな3D画像や3Dアニメーションを作成すれば、Web広告や製品カタログ、営業プレゼンテーション等にも利用できます。
3Dデータ作成サービス
 現品から3D作成
部品を交換したいが既に生産終了となっているため、新規に製作したい等、事由は様々です。
現物からのデータ作成は、まずスケッチを描き、主要寸法を5回程度測定します。
その平均値よりデータを作っていきます。
多曲面の場合は正確な測定は不可能ですので、近似値での作成になります。
より正確さが必要な場合は、3Dスキャナでの造形も可能です。また製作につきましても、切削加工から金型・成形まで一気通貫でサポートします。
 事例
現品から、スケッチ及び3Dデータ作成
 事例
スケッチからの3Dデータ作成
 アイデアを形に
趣味や普段の生活の中から思い付いたアイディアを形に。
「こんなものがあったら良いな」を形にします。
 事例
お客様手作りの試作品 (ギター練習機)

 3Dスキャナから3D作成
 事例
3Dスキャナからの3Dデータ化
 2D図面から3D作成
お手持ちの2D図面から、3Dを作成します。 
形状変更や対称モデルの作成等にも対応します。 
枚数が多い場合は、弊社が持つベトナムネットワークにて対応します。
ご指定のCADにて対応いたします。
 事例
2D図面からの3Dデータ作成

 事例
2D組図からの3Dアッセンブリ化

株式会社テクノブレイン
© 1997-2017 TECHNOBRAIN Co.,Ltd.